アウトドアで色々なスタイルのキャンプを楽しもう

アウトドアで色々なスタイルのキャンプを楽しもう

キャンプといっても色々なスタイルがあります。最小限の軽量化された装備で行く山岳キャンプ、オートバイで行くバイク旅キャンプ、一人で焚火を楽しむソロキャンプ、家族だったり、仲間とグループだったり。それぞれの状況と季節によりキャンプの楽しみ方も様々です。

キャンプと言えば、お酒なしには語れません。マニアックな道具や料理の話だったり、居酒屋でも飲んで話し出したら話が尽きません。一年中どこでも楽しめますが、やはりフィールドに出て空気を満喫しましょう。

アウトドア

ランタンの熱で無駄なく調理 “Outdoor Holic”の MULGOTO(マルゴト)を買ってみた

クラウドファンディングで興味を持ったOutdoor Holicのオイルランタン用のゴトクが到着。早速開封してみました。基本はオイルランタンと使うコンセプトですが、アルコールストーブなど、ゴトクや風防など色々使い方があるようです。
アウトドア

茨城県 上野沼やすらぎの里キャンプ場

筑波山の北西に位置するキャンプ場。筑波高原キャンプ場と同じ桜川市管理のキャンプ場です。周りにはゴルフ場が沢山あるので、ゴルフの後にキャンプもいいかも。
アウトドア

農園でとれたて野菜でキャンプ気分?トランギア T3・アルコールストーブとスノーピーククッカーのコラボでカレーライス

前回は真夏に収穫した夏野菜を前面に、トランギアのストームクッカーとフライパンを使い料理しましたが、今回はもっと横着して、安売りしてた牛肉と下茹でされた野菜の具パックで、カレーライスですが、クッカーはスノーピークのチタントレック1400とパーソナルクッカーセットを使いました。
アウトドア

ポモリーチタン薪ストーブ POMOLY T-BRICK 専用ガラスサイドパネルが届きました。

薪ストーブのガラス面を求めて、新発売のがらすにするか2階建てのMaxにするか迷った末、ガラスだけのアップグレードにしました。シーズンが待ち遠しいです。
アウトドア

ワンティグリス 軽量ワンポールテント OneTigris Northgaze シルナイロンの設営とレビュー

ワンティグリスのワンポールテント。既に発売されているTC ポリコットン製品のシルナイロン版です。同じナイロンの Rock Fortress と比べてみると、キャノピー機能があったり、かなり違いがあるようです。
アウトドア

キャンプレビュー(275gのパーゴワークス ニンジャファイヤースタンドソロ と 46gのCGK火起こしえんとつA4)

今回は海辺のキャンプで、超軽量アイテムを使った焚き火。本格的に「Ninja Fire Stand Solo」 と 前回忘れた「火起こしえんとつA4」を使って、火をオートマチックに起こし、火吹き棒など使わずに、放置状態で、いとも簡単に焚き火ができるスタイル目指します。
アウトドア

夏シーズンが終わった西伊豆 宇久須キャンプ場 海辺のキャンプが最高(シュノーケリング・ ワンティグリス Northgaze シルナイロンなど)

今年は週末になると雨。海のシーズンが終わったとはいえ、海はまだ暖かいので、天気のいい週末に西伊豆の海に。天気も海も最高でした。
アウトドア

キャンプツーリング ソロキャンプ用軽量テント (ポモリー・ワンティグリス・3F UL GEAR・ニッピン)薪ストーブも楽しめます

ソロキャンプに使う軽量テントの紹介です。それぞれのシーズンと目的に応じたテントを使い分けます。バックパックキャンプも可能な装備です。冬場は薪ストーブを楽しめます。
アウトドア

スクーターで行く夏場のキャンプツーリング ソロキャンプのテントとタープもグレードアップ

スクーターで行くキャンプツーリング。次回はグレードアップしたキャンプツーリングを目指します。夏場対応で、3F UL Gear Lanshan 1、DDタープ スーパーライト、サーマレスト バグシェルターなど、レアなアイテムもコットとともに紹介します。
アウトドア

スズキ アドレス V125G に汎用の拡張リアキャリアを取り付けてみた

スクーターで行くキャンプツーリング。モデルが古くオプションも少ないので、非常に安価な汎用リアキャリアをダメ元で購入。果たして取り付けられるのか?
タイトルとURLをコピーしました