Johannes Vermeer

フェルメールの見たことのある作品。

・窓辺で手紙を読む女(Woman Reading at an Open Window)
ドレスデン国立古典絵画館所蔵
「フェルメールと17世紀オランダ絵画展」2022/2/27 at 東京都美術館

窓辺で手紙を読む女 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
1650 年代末以降のフェルメール作品の特徴は登場人物が少なく、静かな室内を描く、というものですが、この作品はその中で最も初期のものです。

・信仰の寓意(Allegory of the Catholic Faith)
「メトロポリタン美術館展」 2022/2/14 at 国立新美術館

信仰の寓意 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
本作品で描かれているのは、カトリック教会の勝利を描いた寓話の複雑な表現です。この絵が描かれた時代、オランダ共和国では公にミサを行うことが禁じられていました。教会そのものを表す女性が地球儀の上に片足を置いており、教会の礎石によって悪の蛇が押し潰されています。フェルメールは結婚に際してカトリックに改宗しました。杯、祈...

・牛乳を注ぐ女 1660年頃
アムステルダム国立美術館
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

牛乳を注ぐ女 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
女中が牛乳を注ぐ作業に集中している様子が描かれています。穏やかな静けさを感じさせる画面構成で、流れ落ちる牛乳の流れだけが唯一の動きとして表現されています。本作品の最も優れた特徴は、光の描写だと言えるでしょう。光の反射を表現した小さな点、特にテーブルの上にあるパンなどには、フェルメールの典型的な絵画技法が表れていま...

・マルタとマリアの家のキリスト 1654-1656年頃
スコットランド・ナショナル・ギャラリー National Galleries of Scotland, Edinburgh.
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

マリアとマルタの家のキリスト - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
本作品は、現存するフェルメールの作品のうち最大かつ最も初期のものであり、聖書の主題を扱った唯一の作品としても知られています。『ルカによる福音書』では、キリストがこの姉妹を訪問した話が描かれています。キリストは、家事に専念していたマルタではなく、座って教えに耳を傾けるマリアの意欲を賞賛しました。影と光を強調した表現...

・手紙を書く婦人と召使い 1670-1671年頃 
アイルランド・ナショナル・ギャラリー
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

File:DublinVermeer.jpg - Wikimedia Commons

・紳士とワインを飲む女(ぶどう酒のグラス) 1661-1662年頃 
ベルリン国立美術館
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

紳士とワインを飲む女 - Jan Vermeer van Delft - Google Arts & Culture
エレガントな服装をした若い男が、ワインを飲む女性を見守っています。男はピッチャーを手に持ち、空になったグラスに注ぐのを待っているように見えます。フェルメールは明らかにテル ボルフの影響を受けており、「ワイン、女性、歌」という伝統的なモチーフを恋愛のテーマとして際立たせました。ボルフの絵画では紳士が女性の肩に腕を...

・手紙を書く女
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

手紙を書く女 - Johannes Vermeer - Google Arts & Culture
ヨハネス フェルメールは、他のどの芸術家よりも光を多く描いた画家でした。精巧に描かれたこの絵では、拡散した光が机の上や女性の顔、豊かなレモンのような黄色い上着を柔らかく照らし出しています。宝石箱やイヤリング、そして女性の髪を結ぶサテンのリボンについた真珠というアクセントによって、さらに生き生きとしたものになって...

・赤い帽子の女
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

、リュートを調弦する女
The Metropolitan Museum of Art
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

リュートを調弦する女 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
若い女性がリュートの調弦をしながら窓の外を見ています。楽譜とヴィオラ ダ ガンバが床に置かれていることから、女性が合奏の準備をしていることがわかります。裕福なオランダ人の若者たちは教育の一環として音楽を学んでいましたが、プライベートな合奏は戯れの恋のチャンスになっていました。背後にあるヨーロッパの地図は、当時の...

・真珠の首飾りの女
「フェルメール展」2018年10月5日(金)〜2019年2月3日(日) at 上野の森美術館

真珠の首飾りの女 - Jan Vermeer van Delft - Google Arts & Culture
若い女性がテーブルの脇に立ち、鏡を見ながら真珠のネックレスを整えています。窓からは光が部屋の中に差し込んでいます。カーテンと毛皮で縁取りされた上着の黄色、そして何もない白い壁(精緻なニュアンスで塗り分けられた絵画表現の傑作です)が、濃い青色で描かれた前景によってさらに強調され、鮮やかな色を持ったこの絵の雰囲気を生...

・赤い帽子の女(The Girl with the Red Hat)1666年
2017/3/11 at National Gallery of Art, Washington DC

赤い帽子の女 - Johannes Vermeer - Google Arts & Culture
『赤い帽子の女』は、ヨハネス フェルメールの最も小さな作品の 1 つです。本作品は、フェルメールがよく使用したキャンバスではなく、板に描かれています。椅子に座った女性のまじまじと見つめるような瞳は、見る者になんらかの合図を送っているかのようです。『赤い帽子の女』は、フェルメールとしては珍しく、誰かの依頼によるも...

・フルートを持つ女(Girl with a Flute)1670年
2017/3/11 at National Gallery of Art, Washington DC

フルートを持つ女 - Attributed to Johannes Vermeer - Google Arts & Culture
『フルートを持つ女』は、保留つきでヨハネス フェルメールの作品とされています。この作品の特徴や外観、そして一部の技法は、フェルメールの他の作品と類似しています。しかし、描き方の質という点においては、絵画の巨匠に相応しい水準には達していません。おそらく、17 世紀に多くの部分が修正されたためでしょう。 『フルー...

・地理学者
「シュテーデル美術館所蔵 フェルメール 《地理学者》 と オランダ・フランドル絵画展」
Bunkamuraザ・ミュージアム 2011年3月3日(木)~5月22日(日)

地理学者 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
17 世紀、特にオランダでは科学の重要性が急速に高まりました。当時、科学者や学者が絵画のモチーフとして多く描かれたという事実にはこうした状況が反映されており、本作品もその例だと言えます。デルフト出身の「精密画家」として知られるヨハネス フェルメールは、小さなキャンバスに、作業道具に囲まれて作業台の上にかがみこ...

・ マルタとマリアの家のキリスト 1655年頃
(スコットランド・ナショナル・ギャラリー所蔵)
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

マリアとマルタの家のキリスト - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
本作品は、現存するフェルメールの作品のうち最大かつ最も初期のものであり、聖書の主題を扱った唯一の作品としても知られています。『ルカによる福音書』では、キリストがこの姉妹を訪問した話が描かれています。キリストは、家事に専念していたマルタではなく、座って教えに耳を傾けるマリアの意欲を賞賛しました。影と光を強調した表現...

・手紙を書く婦人と召使い 1670年頃
(アイルランド・ナショナル・ギャラリー所蔵)
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

手紙を書く婦人と召使 - Wikipedia

・ディアナとニンフたち 1655-1656年頃
(マウリッツハイス王立美術館所蔵)
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

ディアナとニンフたち - Wikipedia

・小路(こみち) 1658-1660年頃
(アムステルダム国立美術館所蔵) The Little Street アムステルダム国立美術館所蔵 (c)Rijksmuseum, Amsterdam
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

小路 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
『デルフトの小路』としても知られています。フェルメールの風景画の中でこの作品のように静かな小路とわずかな人物を描いたものは他に知られていません。作者は、風雨にさらされた石積みのレンガや銅製の窓枠や白い壁の輝きなど、さまざまな素材の描写に細心の注意を払っています。絵の具をある部分は厚く、ある部分は薄く塗り、質感にも...

・ワイングラスを持つ娘 1659-1660年頃
(アントン・ウルリッヒ美術館所蔵) The Girl with the Wineglass アントン・ウルリッヒ美術館所蔵 (c)Herzog Anton Ulrich-Museum, Braunschweig, Kunstmuseum des Landes Niedersachsen
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

ワイングラスを持つ娘 - Johannes Vermeer van Delft - Google Arts & Culture
フェルメールが描写したのは、「黄金時代」のオランダにおける豊かなブルジョワ階級の生活のようです。若い女性が笑顔を浮かべ、ワイングラスを片手にこちらにその笑顔を向けています。コートを着たままの女性の横に立つ紳士のじっとりとした不快な視線に、彼女はまだ気付いていないようにも見えます。男は彼女の手を取り、グラスを口にす...

・リュートを調弦する女 1663-1665年頃
(メトロポリタン美術館所蔵)
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

リュートを調弦する女 - ヨハネス・フェルメール - Google Arts & Culture
若い女性がリュートの調弦をしながら窓の外を見ています。楽譜とヴィオラ ダ ガンバが床に置かれていることから、女性が合奏の準備をしていることがわかります。裕福なオランダ人の若者たちは教育の一環として音楽を学んでいましたが、プライベートな合奏は戯れの恋のチャンスになっていました。背後にあるヨーロッパの地図は、当時の...

・ヴァージナルの前に座る若い女 1670年頃(個人蔵)
「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」2008/8/2 – 12/14 at 国立新美術館

ヴァージナルの前に座る女 - Wikipedia
タイトルとURLをコピーしました